フロアコーティングの中でも最先端の技術が使われているガラスコーティングは、住宅の床を強化してくれる効果を有しています。

ガラス素材を使ったフロアコーティングの耐久年数は20年以上となっています。

東京のフロアコーティングが最近こちらで話題になっています。

ナノコンポジットの技術を用いた強力なガラスを床にコーティングする事で、床を保護出来るのです。

無機質の皮膜を作るため赤ちゃんやペットが万が一、舐めてしまっても安全上危険がありません。

安全性にも優れているコーティング皮膜となっています。

Yahoo!知恵袋のクチコミ情報を求めています。

複数の種類がある中でガラス皮膜を使ったフロアコーティングは、最も硬さが高くなっており、対屈曲性にも優れているメリットがあります。


床の膨張や収縮にも順応性が高く剥がれにくい特徴があります。


また、UVカットにより外からの紫外線によって床が傷まないメリットもあるのです。

そして、異物の混入率が非常に少ない事もあり、美しく透明な仕上がりとなります。



掃除もしやすくなり、洗剤を使って水拭きが出来るため清掃も楽になります。
日頃のメンテナンス時間が少なくなり、家事の負担が減る効果もあるのです。

そして、コーティングをした表面には艶がはっきりと現れる為、外観が非常に美しく清潔感が出るのです。

以上、床の保護をする役割のコーティングの中でガラス塗料は、硬度と耐久性に優れて綺麗な床を維持していく事が出来ます。

清掃等のメンテナンス性も良く、新築のマイホームをはじめ大切な床に施工される方が多くなっています。